名古屋からの写真だより

兼松家のヨシの門松

, 日常, 東山動植物園

今年もあと3週間を切りました。

名古屋市植物園の武家屋敷門前にヨシ(葦)の門松が立っていました。

この門松は、旧尾張藩士兼松家の屋敷門に毎年正月に立てられたものだそうです。
同家の先祖、兼松又四郎正吉が姉川の合戦の折り陣中で正月を迎え、ヨシを門松の代わりに用いたため、以後、同家では、正月にこの門松を立てていたとのことです。

また、名古屋市植物園では、この屋敷門移築後も故事にならって毎年正月には、この珍しい門松を立てているとのこと。

名古屋市植物園の武家屋敷門前にヨシ(葦)の門松

そばに門松の案内板が

 

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.